人が生きる意味

イチハラ
イチハラをフォローする

人って、”誰かに必要とされる”

ことがとても大切なことで、

”自分は誰にも必要とされていない”

と感じた時に、自らの存在意義を見出せず

絶望を感じるものだと某新聞記事にあったそうです。

 

とあるホームレスの方が、人に頼まれて、

公園の掃除を始めたそうです。

毎朝、箒で掃く。

単調な仕事ですが、この仕事を毎朝続けていたそうです。

そんなある日、通りがかりの近所の主婦が一言、声をかけたそうです。

「ご苦労様」と。

その一言が、心に響いたんでしょう。

今までの無表情が一変。

満面の笑みで嬉しそうにまた清掃活動をされたそうです。

 

誰かに感謝される=誰かに必要とされる

このことが、私達人間にはとっても重要な意味を持つのですね。

 

会社や組織ではよく、

例え自分がいなくても機能する状態を作ることが

理想だと言われます。

 

また、逆に

「私が休むと会社がまわらないから・・・」

なんて思っていても、意外とまわったりするものです(笑)

 

でも、これは、

Aさんがいなくても機能する=Aさんはいなくてもいい

っていうことではありませんよね。

 

よく、大企業では平社員の1人なんて歯車にすぎないと言われます。

1人くらい休んでも別に会社はいつもと変わらずまわるわけです。

1人くらい突然辞めても、会社はまわるわけです。

でも・・・社員は歯車ではないと思います。

 

そんなの切なすぎるじゃないですか。(笑)

人間はロボットじゃないのです。

人間同士、作用しあって生きているわけですから、

例えば隣に座っている人の一言で笑えたり、

通りがかりの人の笑顔で元気をもらえたり、、、

するわけです。

 

自分の行動次第で、周りの人を明るい気持ちにできる。

(逆に暗い気持ちにもできる。(笑))

周りの人から元気をもらうこともある。

(逆に元気を奪われることもある。(笑))

これが、作用反作用なのだと思います。

 

人は誰かと作用反作用の影響をお互いに持ちながら

生きていくものなのだと思います。

 

だから、人は1人では生きられないわけですね。

 

介護の仕事に携わる皆さんは、

利用者様を必要として下さい。

 

「今日もAさんに会いたかったんです!

どうしても聞いてもらいたいことがあって・・・!」

とか、

 

「Bさんの味付けにはかなわないから、

教えて頂きながら調理させてもらっていいですか・・・?」

などなど。

そんな調子で、どんどん利用者様を必要として下さいね。

タイトルとURLをコピーしました