無責任なコマーシャル

フクシマ
フクシマをフォローする

皆さん、最近テレビで流れているC型肝炎の治癒率向上CM

ご存知ですか?

「C型肝炎の治りやすい方の治癒率が9割、

治りにくい方の治癒率が6割まで向上しました」というものです。

私の担当利用者さまの娘さんがC型肝炎で長年治癒をされています。

早速報告がてらその娘さんに尋ねました。

そしてやはりその娘さんもコマーシャルをご覧になり、期待に胸を膨らませ、

すぐに問い合わせされたそうです。

でも、その治癒薬は、娘さんが従来から治療に用い、あまり効果を得られていない

ものだったそうです。

一度は「ひょっとしたら!」と喜んだので落胆が激しかったそうです。

ご友人達からもCMの朗報を伝えようとして連絡が入るそうで、

その度に説明をされているそうです。

ちなみに、「治りやすい方」って全体の何割だと思いますか?

娘さんの主治医曰く、なんと1割だそうです。

必然的に治りにくい方が9割になりますよね。

もちろんそのCM自体は正しいものだったと思います。

しかし、この割合を告げずに治癒率向上というのは情報が偏っていると思いました。

娘さんの主治医も、「無責任なCMするなぁ・・・」と嘆いておられたそうです。

この娘さんは出産後に感染製剤を投与されC型肝炎に感染されたそうですが、

病院にカルテが残っておらず、薬害の被害者として認定されていない方です。

肝がんや肝硬変の恐怖におののきながらも明るく前向きに生活されています。

しかし、誰もがごく普通の生活を望んでおられ、完治を願っておられます。

どんな情報にもすがりつきたくなるのは当然なんです。

なので、今後このようなデリケートな内容の情報は、

慎重に流していただきたいと強く思いました。

タイトルとURLをコピーしました