たまに現れるスーパーヒーロー

イチハラ
イチハラをフォローする

今日は、「家族介護」について

私の思っていることを書かせて頂きたいと思います。

介護を必要とされる方と同居されているご家族。

24時間の介護を請け負っていらっしゃいます。

お休みなんてありませんよね?

もう、”生活”と”介護”が一体化しています。

色んなご家族がいらっしゃって、色んな利用者さまが

いらっしゃいますから一概に言い切れるものではありませんが、

利用者さまにとっては生活の一部となっている日常の”介護

は当たり前になることが多いと思われます。

日常ですから、毎日の積み重ね。

利用者さまにとってもご家族にとっても、そりゃあ色々ありますよね。

心のすれ違いや、お互いに不満がたまることもあると思います。

と、そこへ別居しているお子さんがたまにお顔を見せに

来られたら、利用者さまにしてみたら、輝いて見えるかもしれません。

(色んなシチュエーションがあると思います。

お嫁さんが義理の親御さんを介護していて、

単身赴任の息子がたまに帰ってくるパターンでも同じことが言えるかもしれません。)

たまっている愚痴は聞いてくれるし、お土産は持って来てくれるし、

優しい声をかけてくれる

たまに現れるスーパーヒーロー。

同居されている家族にはかないっこないかもしれません。

「一緒に住む」って悪いところもいいところも全てさらけ出してしまうわけです。

たまに顔を出して、いいところだけを見せて帰る人にはやっぱりかなわないかも。

なので、私は思うのです。

別居されている家族は

いつも看てくれている家族への感謝の気持ち

これを忘れないようにすることが必要ではないでしょうか。

たまに来て、利用者さまにだけ良い顔をして帰られるのではなく、

いつも看てくれている人への感謝の気持ちを忘れないようにする。

それがとても大切なことのように思います。

タイトルとURLをコピーしました