抗がん剤をやめた母のその後のご報告

イチハラ
イチハラをフォローする

私の母のその後のご報告です。

既にご存じの方もいらしゃるかと思いますが、

抗がん剤治療を1クールでやめました。

 

抗がん剤治療開始前には外科手術で卵巣摘出&

取り除ける癌は摘出してもらったのですが、リンパ転移しているものは、

取り除けるものではない、とのことでした。

 

 

抗がん剤治療を1クール、やっとの思いで「終わった!」と思った時に

病院からは抗がん剤の治療(再発防止のための点滴)を継続するように強く言われました。

が、体力消耗・体調異変が限界にきておりまして断固拒否しました。

抗がん剤治療中、歩く体力もなくなり車椅子だったこともありました。

「このまま続けたら多分、癌じゃなくて抗がん剤で先に死ぬと思う」と言っていました。

 

 

そして、現在の状況ですが、先日検査結果が出ました。

「腫れている箇所は見当たらない」とのことでした。

つまり、現在のところ(発見できる範囲での)癌は見つからないということです。

 

 

外科手術と1クールの抗がん剤治療が効果的だったのだと思います。

本当に良かったと思います!!

病院の先生にも感謝です✨

抗がん剤治療を継続しなかった母の選択も正解だったと思います。

やっぱり自分の体のことは自分が一番わかると思います。

自分の体の声を第一に、押し通すことも大切なんだと思います。

自分の体の代弁は自分しかしてあげられませんもんね。

 

現在、癌の治療を受けておられる方に、

母のケースが少しでも何かの参考になれば…

と思いブログに掲載しておりました。

 

卵巣がんは再発しやすいそうなので、定期的に検査は行ってもらいたいと思いますが、

とりあえず、今、母は元気です✨

※髪は生えてきていますが、ウィッグがお気に入りでこれからも使うそうです(笑)

 

 

 

早く癌治療の技術が進んで欲しいですね。

熱に弱いとわかっているわけなのですから、

癌細胞だけを熱で殺すような治療方法が早く確立されたら良いのになぁ…

せめて小児がんだけでも医療保険適用でアメリカの最新技術を使えるようにして欲しいなぁ…

と思う今日この頃です。

 

タイトルとURLをコピーしました