”ハサミ男”の感想

イチハラ
イチハラをフォローする

今年は読書にはまっている私。

ミステリー好きは押さえておかないといけないでしょ的な本は押さようと思い、

ネットで色々調べると色んなサイトで出てくる本の一つが、

”ハサミ男”です。

サラッとあらすじをお伝えしますと、

(Wikipediaより引用)

舞台は2003年東京。女子高生2人が同様の手口で殺害される事件が発生していた。2件とも被害者の喉にハサミが深く刺されていたことから、マスコミは犯人を「ハサミ男」と命名。ハサミ男は連続猟奇殺人犯として世間の耳目を集めていた。

一方、ハサミ男は3人目の犠牲者を選び出し、入念な調査を行っていた。しかしその調査の中で、自分の手口をそっくり真似て殺害された犠牲者の死体を見つけることとなる。先を越されてしまったハサミ男は、誰が殺害したのか、なぜ殺害したのかを知るため調査を開始する。

 

というお話です。

残虐な描写は苦手な私ですが、そのような描写は少なく最後までサラリと読めました。

 

そうですね…今回の犯人は全く読めませんでした。

悔しいです!!!

 

私はあまり腑に落ちていませんが、(←負け惜しみ)

世の中の評価は高いです。

※読んだ方いたら語りましょう。

 

映画化されたとネットで読みましたが、「え?どうやって!?!?」

とそちらに興味が湧いています。

これを作者の思惑通りに映像化できていたとしたら、本当にすごいと思います👏

 

タイトルとURLをコピーしました