さぁ!人体実験しませんか!?

イチハラ
イチハラをフォローする

実際にあった世にも恐ろしい人体実験

スタンフォード大学、心理学部が行った実験。

(ここで、ピンと来られた方はかなりの映画通ですねf36cd4d7e62b633415da2d270bd21d39!!)

とある新聞広告。

被験者求む。模擬刑務所で2週間の心理実験。報酬は4000マルク。

マルク”で”ドイツ映画”だとバレちゃいましたね。

(ここでピンとこられない方はこの映画をご存知ないと思います。)

そうです。

2002年にロードショーされたドイツ映画、「es」の話でした。

 

<心理実験の概要はこうです> ↓

監視カメラつきの模擬刑務所で、応募した一般人が

看守役」と「囚人役」に分かれます。

ルールに従いながら、自分たちのを演じます。

当初2週間の予定。

ところが実際の実験は・・・7日で中止。

理由はなぜでしょう。

興味のある方は、映画をご覧下さい。

この映画の面白いポイントは実話レポートが元になっているところ。

看守役」と「囚人役

皆さんならどちらを演じたいですか?

私は・・・

絶対どっちもいやです。

(話になりませんね。)

さて、この「看守役」と「囚人役」、

人格崩壊するのはどちらだと思いますか??

答えは

看守役」です。

理由は・・・

映画をご覧下さい。(笑)

この映画、とても興味深いんです。

ある立場を与えられただけで

人間っていとも簡単に人格が変わってしまうんです。

どれだけ勘違いしやすい生き物か。

どれだけ弱い生き物か。

ということですね。

私たちは、そのことを肝に銘じて・・・

勘違いしないように」気をつけなければいけないと思います。

特に下の赤字の人 ↓↓

先生生徒

警察一般人

上司部下

子ども

介護する人介護される人

私も気をつけたいと思います!f36cd4d7e62b633415da2d270bd21d39

※”勘違い”の意味がわかりにくい方は是非「es」ご覧になってみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました