福祉業界の人の志

イチハラ
イチハラをフォローする

最近、あっちこっちの包括支援センター等の

事例検討会に出席させて頂くことが多く、

毎回ひしひしと感じることがありました。

 

それは、

”福祉業界の人ってやっぱり素敵!”

だということです。

 

 

事例検討に挙がってくる方はやはり

認知症の方が多いんです。

 

 

 

重度認知症+独居

となると、機械的に⇒施設

というベクトルに力が働きがちなんですが、

利用者様が住み慣れた自宅での生活を希望されているとなると、

なんとか在宅での生活が成り立たないものか、

親身に一緒に考えて下さいます。

 

 

ところが、そこに医療業界の人が関わると

また矢印が施設(もしくは入院)に向きがちです。

 

 

 

福祉業界の人は、

やっぱり利用者様の”生活”をみているんですね。

”生活”にはその方の人生が詰まっています。

目標は

”その人が望む生活が成り立つように”

 

 

自分がその人の立場だったら、

もしくは自分がその人の子どもだったら、、、

と、利用者様の立場に立って下さる人が福祉業界には多いです。

 

 

なので、同じ方向を向いて話をすることができます。

ありがたいことです。

 

 

 

「これでいいんだ」

「私たちのやり方で間違っていないんだ」

と背中を押して頂くことも多々ありました。

 

 

 

 

 

事業所内で知恵を出し合い、

利用者様にとってこれが最善策だと思う方法をとっていても、

時に疑心暗鬼になることもあります。

 

 

 

そういう時に、背中を押して下さる第三者の方がいることは

とてもありがたく、おかげ様で私達も迷いなく頑張れます!

 

 

 

包括さん、いつもありがとうございます。

感謝です。

 

 

福祉業界の人って根底が優しさで溢れている人が多くて、

いいなぁ~ってしみじみ思います。

タイトルとURLをコピーしました