泣き寝入り文化

イチハラ

2012/07/16   投稿者: イチハラ

映画館でのエピソードです。

友人の知人(外国人)が、映画にクレームをつけたそうです。

「面白いと思ったからチケットを買ったのに、

こんな映画時間の無駄だ。

他のものに替えて欲しい」と。

 

日本ではその理論は通用しません。

だって映画が面白くなくても、それはチケットを買った人の責任ですもん。

結局、映画館では館長登場の上、すったもんだ揉めた挙句、

他の映画を観ることができたそうです。

 

私の知人とも以前話題になりました。

「日本の接客」

について。

 

<日本の特徴>

愛想がいい。

きめ細やか。

 

<欧米の特徴>

ぶっきらぼう。

 

そんなイメージがあります。

知人曰く、それだけじゃないそうです。

 

日本って何かトラブルがあった時に、

マニュアル通りにしか対応できない、ことが多いそうです。

融通きかないんですね。

責任者でないスタッフは自己判断ないし自己責任で

勝手に対応できない、っていう事情もありますよね。

(良く言えばシステマティックなのでしょうか。)

 

その点、ぶっきらぼうであったとしても、

欧米では対応してくれることが多いんだとか。

 

例えばハンバーガーをオーダーして、

「これ美味しくない!違うのに替えて!」

ってお店に持っていったら、

日本では(まずそういうことを言う人が少ないですから)対応に困られてしまう。

欧米ではすぐに替えてくれる、

という違いがあるようです。

※例えばの説明が大雑把ですみません。

 

つまり、日本人って、

美味しくなくてもクレームをつけない。

お客さんが我慢する。

そんな文化なんですね。

 

みんながみんな、それが当たり前になっているので、

バランスはとれてます。

 

言うならば、、、”泣き寝入り文化”です。

欧米はやはり違います。

”主張文化”です。

 

そりゃ、外交でも行き詰まるはずです。(笑)

もう少し自己分析してから、外交頑張って頂きたいですね。

にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
↑↑↑↑ブログランキングに参加しています!ぜひクリックしてください!
  • 泣き寝入り文化 はコメントを受け付けていません。
  • カテゴリー: スタッフ日記

RSS Feed