学校では教えてくれない英語

イチハラ

2011/05/30   投稿者: イチハラ

今日は久しぶりに英語の記事を書いてみようと思います。

学校の英語の教科書によく出てくるある単語。

実は教科書通りの意味であまり使わないほうが身のためです。

その単語とは・・・

should

です。

shouldは「~すべきだ」という意味で習いましたよね。

あれを使う時は要注意です。

「~した方がいいと思いますよ。」

という意味のつもりで使っちゃったらちょっとまずいんです。

外資系企業で、アメリカ人の上司に

You  should~

を使って激昂を買った日本人を知っています(笑)。

これを使っても違和感がないのは

親が子どもに躾などで話すときくらいだそうですよ。

皆さんお気をつけ下さい。

※ちなみに、丁寧な言い方。

アドバイスなどは、

「If I were you, I would do~」

(もし私があなただったら~するなぁ。)

と言うととても心象がいいのです。

皆さんちょっとした豆知識に使って下さいね♪

※英語を話す人がよく使うshouldは

大抵自分に対して使うことが多いように思います。

I should have done ~

「~しとけばよかったぁ!」

という感じでしょうか。

にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
↑↑↑↑ブログランキングに参加しています!ぜひクリックしてください!
  • 学校では教えてくれない英語 はコメントを受け付けていません。
  • カテゴリー: スタッフ日記

RSS Feed