当たり前の標準化

イチハラ

2011/02/28   投稿者: イチハラ

先週の勉強会がはじまる前・・・

講師である特別養護老人ホーム元気の家の施設長さん

に、あるものを頂きました。

それが、新人スタッフの研修ノートです。

50ページ以上に渡るもので、イラスト入りで

とてもわかりやすくまとめられたものでした。

入所者さんへの心構え・接遇・介助方法等

それは細かくびっしりと書かれています。

「こんなに細かいことまで教育されるんですか?」

とお聞きしたところ、

「教えていないことに関しては注意ができないから、

1から全部まず教えるんです。」

とのことでした。

つまり、

「これくらいのこと、わかってるだろう」

とか、

「こんなん常識やん?」

とか、

そういう曖昧さを残さないってことです。

家の工事に例えると、

リフォームや改築工事ではなく、

新築工事ONLYってことです。

リフォームでは、基礎や土台は既にあって、

古くなった上物を新しく作り変えるだけです。

たとえ多少基礎が不安定でも、上の建物を

綺麗に塗り替えてしまったら、一見綺麗に見えます。

新築工事の場合、一度更地にします。

基礎・土台から作ります。

しっかりした基礎の上に、立派な建物を建てることができます。

ただし、お金と時間はかかります。

※大切な人材を家に例えてしまって申し訳ありません。

その徹底された基礎・土台作りが、

元気の家を支えているんだと思います。

またそれが質の高い介護に繋がっているのだと思います。

施設のような24時間介護になると、

そこまで徹底しないといけない

とおっしゃっていました。

確かにそうですよね。

施設は死角が多すぎます。

スタッフを信頼できなければ、大変なことになりますもんね。

ちなみにうちの会社は・・・?

オンリーワンで個性豊かなお家がたくさんあります

にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
↑↑↑↑ブログランキングに参加しています!ぜひクリックしてください!
  • 当たり前の標準化 はコメントを受け付けていません。
  • カテゴリー: スタッフ日記

RSS Feed