30cmの距離感

イチハラ

2009/09/24   投稿者: イチハラ

いきなり質問です。

30cmの距離感”って一体なんでしょうか??

答えは・・・

自分が本当に親しい人にしか許さない距離

だそうです。

 

一般的には。

 

先日、大学で英語を教えているアメリカ人講師から教えてもらいました。

アメリカでは・・・

0~0.5m・・・すごく親しい人(家族・恋人・親友)に許せる距離

0.5m~1.3m・・・友人・同僚に許せる距離

1.3m~4m・・・顔見知りに許せる距離

4m~・・・見ず知らずの人

 

といわれているそうです。

その距離より近くに来られると「違和感」があるらしいです。

 

特にアメリカでは、”満員電車”とか”年始のバーゲン”とかないですしねue_5

 

ちなみに、その方は言いました。

日本人はもう少しその距離が短いと思う。

 

私は思いました。

介護の業界ではもっとその距離が短いと思う。

 

というより・・・・

短くならざるを得ないんですね。

利用者さまの身体に触れることが多い職種ですから。

 

介護が必要となって、はじめて家族以外の人から介護を受けられる時・・・

利用者さまは、その”違和感”を覚えられるのかもしれない。

全くの赤の他人に30cm以内の距離に当たり前に入ってこられることに、

皆さんが戸惑われることかもしれない。

 

でも”慣れない”と仕方がない。

 

だから”慣れて下さっている”だけなのかもしれない。

 

本当は、家族や親しい友人以外の人には入られたくない距離

私たち、介護者はお邪魔させて頂いているんですね。

 

 

今日もお邪魔します

そういう気持ちを忘れないようにしたいですね。

 

 

↓↓ ここからは余談です

先日、テレビでTMレボリューションの西川さんが

パフィの由美さんと離婚された理由を

ちょっと距離感間違えただけ

と笑っておっしゃっていました。

 

このフレーズ、いろいろ使えそうですね。

にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
↑↑↑↑ブログランキングに参加しています!ぜひクリックしてください!
  • 30cmの距離感 はコメントを受け付けていません。
  • カテゴリー: スタッフ日記

RSS Feed