処遇改善加算について

イチハラ

2017/04/30   投稿者: イチハラ

弊社の企業理念は、

”笑顔を支える”です。

 

その”笑顔”とは利用者様が笑顔で過ごせる生活、

つまり、在宅生活を希望される方にとっては在宅生活そのものです。

 

在宅生活を支える、ことが理念です。

 

介護が必要な状況になられた方へ、

在宅生活を継続するために私達がサポートさせて頂くのです。

 

利用者様の中には、年金収入のみで慎ましく生活されている方も

多くいらっしゃいます。

 

そんな利用者様への経済的負担を極力かけずに、

弊社の企業努力で、できることは頑張ってきました。

 

デイサービスの食費も1日200円のみです。

(原価だけで赤字です。)

利用者様負担が発生する加算についても極力算定しませんでした。

(例:機能訓練加算、処遇改善加算、アクティビティ加算、特定事業所加算・・・等。)

 

 

しかし、この4月より市町村の総合事業が開始し、軽度の利用者様の単価が

80%に引き下げられました。

また、今年より居宅介護支援事業における集中減算の要件が厳しくなり、

居宅介護支援事業においては減算になる可能性が高くなりました。

 

 

利用者様負担が発生する加算をできるところまでつけずに頑張ってきたのですが、

そろそろ限界のようです。

 

利用者様には、各スタッフよりご説明させて頂いておりますが、

この5月より処遇改善加算Ⅰを算定させて頂くことに致しました。

ヘルパーステーションは13.7%

デイサービスは5.9%

加算を頂きます。

※ただし、この加算につきましては、限度額に影響しません。

 

皆様にはご理解を頂きますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

また、この処遇改善加算ですが、

全額が介護スタッフへの処遇改善(給与)のために使われます。

 

より良い介護サービスの提供に繋げていくために、

有効に、そして大切に、使わせて頂きます。

 

介護職員の皆さんを客観的かつ公正に評価するための

第三者評価システムも導入致しました。

 

頑張っている人が報われる会社にしていきたいと思っています!

今後とも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
↑↑↑↑ブログランキングに参加しています!ぜひクリックしてください!

RSS Feed