同性介助の重要性

イチハラ

2017/05/08   投稿者: イチハラ

私、この3月~4月は珍しく美容室に行く機会が多かったです。

主にヘアセットですが。

 

私の理想は女性の美容師さんなのですが、

家の近くにある美容室で、

技術のしっかりしたところで、

センスある人で、

早朝にヘアセットしてくれる人が、

残念ながら男性なんです。

 

なぜ女性が良いかと言いますと、

私は昔から男性に髪や身体を触られるのが若干苦手なのです。

苦手というよりは拒絶?(笑)

 

 

お世話になってる美容室も、男性美容師さんなので、

施術中は、目の前に雑誌をもってきて、

「話しかけないでください」オーラ全開(笑)

 

 

その人は何も悪くないのです。

 

あまりに目の前に雑誌をもってくるので、

「イチハラさん、目悪いんですね」

と言われ、

私、

「はい。」

と答えるのみ。

(実際はコンタクトしてるんですけどね。)

 

 

美容師さん、

同じ雑誌をずっと目の前に持ってきて離さない

私を見かねて、

「漫画読みます?」と漫画すすめてくれました。

 

 

普段読まないマイルドな感じの漫画を読み始めたら、

これがまた面白くって!

 

うさぎドロップ

 

世界観、好きです!

読み始めたら結構止まらない。。。

 

 

あ、話は逸れてしまいましたが、

今回私が何を言いたかったかと言いますと、

やっぱり同性介助ってすっごく重要!!だと思います。

 

 

昔見学させて頂いたデイサービスでは、

男性スタッフが当たり前のように女性の入浴介助してました。

男性2人で次から次に利用者様を入浴介助されてました。

男性女性、関係なく。

まるで工場のライン状態です。

 

 

私はギョッとしたのですが、

「これが、当たり前なんで」

という空気を出されてしまうと、

よっぽど気の強い方でない限り、

「私は女性スタッフが良い!!!」

って言えないですよね。

 

 

そこは絶対に守らないといけないものだと私は思います。

 

 

にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
↑↑↑↑ブログランキングに参加しています!ぜひクリックしてください!
  • 同性介助の重要性 はコメントを受け付けていません。
  • カテゴリー: スタッフ日記

RSS Feed